日本 医療事務 協会 医療事務 検定情報サイト

医療事務検定試験

医事コンピュータ能力技能検定試験

調剤報酬請求事務技能検定試験

メディカルマナー検定試験

介護報酬請求事務技能検定試験

歯科保険請求事務技能検定試験

平成28年度診療報酬改定セミナー

医療事務 協会 資料請求

日本 医療事務 協会認定校のご紹介

検定合格率の発表

日本医療事務協会の教材紹介

資格取得の5つのメリット

医療事務が注目され続ける5つの強み

医療事務の仕事

現場で求められる力

医療現場の基礎用語集

平成24年度 教材追補・訂正について

日本医療事務協会概要

プライバシーポリシー

特定商取引法上の表記

お問い合わせ

Home  ->  医療事務の仕事    -> 2.「医療・診療所」で働く!

● 要領よく多様なニーズに対応

個人開業医や町のクリニックでは医療事務も少人数で行います。したがって専門業務だけでなく、いろいろな仕事をしなければなりません。患者さんの受付や診察券の発行、カルテの管理、会計業務、医師の秘書的な役割、看護師との連絡、ときには医院内の掃除を行うこともあります。


医院や診療所で働く場合は、医療事務全般の知識が求められるうえに、臨機応変な対応で細かい仕事を手早く片付ける社会人としての〈手際のよさ〉が必要となってくるのです。とても忙しいけれど、その分だけやりがいも強く感じられる職場と言えるでしょう。

● 要領よく多様なニーズに対応

個人開業医や町のクリニックでは医療事務も少人数で行います。したがって専門業務だけでなく、いろいろな仕事をしなければなりません。患者さんの受付や診察券の発行、カルテの管理、会計業務、医師の秘書的な役割、看護師との連絡、ときには医院内の掃除を行うこともあります。


医院や診療所で働く場合は、医療事務全般の知識が求められるうえに、臨機応変な対応で細かい仕事を手早く片付ける社会人としての〈手際のよさ〉が必要となってくるのです。とても忙しいけれど、その分だけやりがいも強く感じられる職場と言えるでしょう。

● 窓口に座って四方八方に目配りを

医院・診療所で働く医療事務スタッフは、窓口の小さなスペースで仕事の大半をこなします。患者さんの受付や会計といった通常業務のほかに、待合室の中をよく観察していることも重要な仕事です。


診察の順番を待っているうちに具合が悪くなった患者さんはいないか、騒ぎまわって周囲に迷惑をかけている子どもはいないか、床にゴミが落ちていないか、週刊誌が散らかっていないか、テレビの音量は適切か、冷暖房の効き具合は問題ないか……数え上げればきりがありません。

でも、そうした目配り・気配りは、あなた自身の内面を磨くことにもつながります。医院・診療所には、大病院では決して経験することができないチャンスがふんだんに用意されています。

●コミュニケーション能力も身につく

町の医院は近所の人たちの「かかりつけ医」となっているため、来院する患者さんたちの顔ぶれがほとんど変わりません。そのため、医院の窓口に座って仕事をしていれば、顔見知りになった患者さんといろいろな話をするようになります。


もちろん病気についての質問に答えるのは医師の役目で、医療事務スタッフは軽率に答えられません。でも、患者さんと話をしているうちに自然とコミュニケーション能力が向上し、患者さんに限らず、人と接することが得意になるのです。これは小さな職場ならではのメリットかも知れません。



Home  ->  医療事務の仕事    -> 2.「医療・診療所」で働く!

日本医療事務協会 〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト7F
TEL:03-3349-6011 E-Mail:info@japanmc.jp



HOME | 日本医療事務協会とは | 医療事務検定試験とは | よくある質問 | 医療事務の仕事 | 現場で求められる力
合格者の声 | 協会概要 | プライバシーポリシー | お問い合わせ | 資料請求 | リンク集

Copyright (C) 2017 JMCA日本医療事務協会 All Rights Reserved