日本 医療事務 協会 医療事務 検定情報サイト

医療事務検定試験

医事コンピュータ能力技能検定試験

調剤報酬請求事務技能検定試験

メディカルマナー検定試験

介護報酬請求事務技能検定試験

歯科保険請求事務技能検定試験

平成28年度診療報酬改定セミナー

医療事務 協会 資料請求

日本 医療事務 協会認定校のご紹介

検定合格率の発表

日本医療事務協会の教材紹介

資格取得の5つのメリット

医療事務が注目され続ける5つの強み

医療事務の仕事

現場で求められる力

医療現場の基礎用語集

平成24年度 教材追補・訂正について

日本医療事務協会概要

プライバシーポリシー

特定商取引法上の表記

お問い合わせ

Home  ->  医療事務の仕事    -> お給料はどのくらい?

「正社員」一般企業と同レベル

正社員の初任給は高卒で16万円弱、大卒で18万円強といったところ。これは一般企業の事務職と同じレベルなのではないでしょうか?

また、医療事務の仕事では学歴よりも実力が重視されるため、優秀な人・経験を積んだ人は昇給率が高くなり、最終的には学歴による格差は小さくなっていきます。10年の職歴を持つ人の平均年収は350万円ぐらいです。さらに、正社員の魅力は退職金が出ることです。

日本医療労働組合連合会の調査報告によれば、18歳から60歳まで42年間働いた場合の退職金は2000万円台になります。。

「派遣社員」業種を問わず時給制

人材派遣会社では、登録している派遣社員の賃金を、個々の職種や勤務時間の長短にかかわらず基本的に時給で計算します(固定給スタートの場合もあり)。その金額は実務経験年数や能力によって異なりますが、850〜1500円ぐらい。

派遣社員の場合はパートと違ってフルタイム勤務も可能なため、1日8時間×月に22日働いた場合の年収は200〜250万円になります。これだけ勤務すると正社員とほとんど同じ金額です。

ただし、派遣社員の場合は交通費が別途支給されず、時給に含まれていることもあります。職場が遠すぎて交通費が高額にならないよう、自分できちんと計算して派遣先を決めましょう。

「パート・アルバイト」 扶養の範囲内で働こう!

パートで医療事務の仕事をする人は結婚していることが多いため、夫の扶養家族から外れない範囲に収入を抑えたいケースがほとんど。雇用する側もそれを承知しており、パートタイマーの人数を増やして1人あたりの勤務時間を減らす「ワーキングシェア」の考え方を実践しています。

時給の相場は派遣社員より少し低めで、普通はだいたい900〜1000円程度ですが、交通費は全額支給してくれるケースが多いようです。あなたのライフスタイルに合う形態はどれですか?



Home  ->  医療事務の仕事    -> お給料はどのくらい?

日本医療事務協会 〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト7F
TEL:03-3349-6011 E-Mail:info@japanmc.jp



HOME | 日本医療事務協会とは | 医療事務検定試験とは | よくある質問 | 医療事務の仕事 | 現場で求められる力
合格者の声 | 協会概要 | プライバシーポリシー | お問い合わせ | 資料請求 | リンク集

Copyright (C) 2017 JMCA日本医療事務協会 All Rights Reserved