日本 医療事務 協会 医療事務 検定情報サイト

医療事務検定試験

医事コンピュータ能力技能検定試験

調剤報酬請求事務技能検定試験

メディカルマナー検定試験

介護報酬請求事務技能検定試験

歯科保険請求事務技能検定試験

平成30年度診療報酬改定セミナー

医療事務 協会 資料請求

日本 医療事務 協会認定校のご紹介

検定合格率の発表

日本医療事務協会の教材紹介

資格取得の5つのメリット

医療事務が注目され続ける5つの強み

医療事務の仕事

現場で求められる力

医療現場の基礎用語集

教材追補・訂正

日本医療事務協会概要

プライバシーポリシー

特定商取引法上の表記

お問い合わせ

Home  ->  医療事務が注目され続けている5つの強み!    -> 1.病院は年々増えている

● 「超高齢社会」を迎えた日本

よく少子高齢化社会という言葉を耳にしますが、現代の日本は少子高齢化を通り越し、すでに「超高齢社会」を迎えていると言っても過言ではありません。そのため医療制度の改革も急ピッチで進められていますが、お年寄りが多いということは医療費が増大するということで、病院をはじめとする各医療機関の需要は右肩上がりで確実に伸びて行きます。また、現在ある病院だけでは対応できないため、小さな町の医院から大病院まで、新しい医療機関も次々と開業しています。既存の病院でも、高齢者を対象とした診療科や長期療養病棟を新設するところが増えました。医療にまつわるさまざまな制度が変わり、各病院が大きく躍進しようとしている今、自分の将来を真剣に考えるなら医療事務の仕事に着目すべきではないでしょうか。


● あなたの働く場所が増えている

医療事務スタッフが活躍する場所として誰もが思い浮かべるのは、病院や診療所です。病院と診療所の区分は入院用のベッド数で決まり、ベッドが20床以上あれば病院、19床以下もしくは入院施設のない医療機関は診療所と呼ばれます。診療所はいわゆる〈町のお医者さん〉で、内科や外科、耳鼻科、皮膚科、眼科、歯科などがあります。また、医薬分業化によって急増した調剤薬局やドラッグストアでも病院や診療所と同じように調剤報酬の請求業務を行うため、医療事務スタッフが必要です。

さらに、今後は老人保健制度や公費負担医療制度の対象者が増えることが予想されるうえ、医療保険制度の改正に伴って混合診療(保険診療と自由診療の両方を同時に行う方法)が可能となるため、診療報酬請求の計算も複雑化します。それらの請求業務を行う医療事務スタッフは、ますます重要な役割を担うことになるでしょう。病院が増加傾向にあり、業務内容が増えていく中、医療事務を目指す人にとってはチャンス到来。今後も需要は高まる一方なので、あなたの望む職場が必ず見つかるはずです。



Home  ->  医療事務が注目され続けている5つの強み!    -> 1.病院は年々増えている

日本医療事務協会 〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト7F
TEL:03-3349-6011 E-Mail:info@japanmc.jp



HOME | 日本医療事務協会とは | 医療事務検定試験とは | よくある質問 | 医療事務の仕事 | 現場で求められる力
合格者の声 | 協会概要 | プライバシーポリシー | お問い合わせ | 資料請求 | リンク集

Copyright (C) 2018 JMCA日本医療事務協会 All Rights Reserved