小峰俊一さん (東京都 武蔵野赤十字病院 事務課 医事第二課課長) | 医療事務 の検定試験の情報サイト。日本 医療事務 協会JMCAのホームページ"> 小峰俊一さん (東京都 武蔵野赤十字病院 事務課 医事第二課課長),医療事務,検定"> 1.前向きな「やる気」があれば、未経験者でも大丈夫!小峰俊一さん (東京都 武蔵野赤十字病院 事務課 医事第二課課長) | 日本 医療事務 協会 医療事務 検定情報サイト

日本 医療事務 協会 医療事務 検定情報サイト

医療事務検定試験

医事コンピュータ能力技能検定試験

調剤報酬請求事務技能検定試験

メディカルマナー検定試験

介護報酬請求事務技能検定試験

歯科保険請求事務技能検定試験

平成28年度診療報酬改定セミナー

医療事務 協会 資料請求

日本 医療事務 協会認定校のご紹介

検定合格率の発表

日本医療事務協会の教材紹介

資格取得の5つのメリット

医療事務が注目され続ける5つの強み

医療事務の仕事

現場で求められる力

医療現場の基礎用語集

平成24年度 教材追補・訂正について

日本医療事務協会概要

プライバシーポリシー

特定商取引法上の表記

お問い合わせ

Home  ->  現場で求められる力    -> 1.前向きな「やる気」があれば、未経験者でも大丈夫!
小峰俊一さん (東京都 武蔵野赤十字病院 事務課 医事第二課課長)

● 「病院もサービス業、笑顔とマナーが大切」

少し前まで、病院は「医師が患者を診てあげる場所」というイメージがありましたが、最近は病院もずいぶん変わってきました。基本は人と接する仕事ですから、さわやかな笑顔やきちんとしたあいさつがいちばん大切ですね。

これからの病院には、思いやりのある応対や安心感がいっそう求められるようになるでしょう。うちの病院でもマナー・リーダー研修などを取り入れ、病院全体として意識の向上に努めているところです。


もちろん、はじめからカンペキな知識は期待していません。基本さえ学んでいれば、あとは現場でいくらでもステップアップできますから。ただ、いつでも積極的に学ぼうという姿勢は、忘れずにいてほしいですね。

うちの医事課スタッフはとても前向きで、自分たちの仕事だけでなく医療の中身にも興味を持ち、空き時間に医師を訪ねては、病気やリハビリの方法などについて教わっています。「非常に熱心な生徒で教え甲斐があるよ」とドクターもなんだかうれしそうです。

● 「誰とでも気持ちよく仕事ができる人がいいですね」

いいサービスは、医師や看護師など、さまざまなスタッフのチームワークから生まれます。そこで大きな役目を果たすのは、病院全体を見てトータルに行動できる医療事務スタッフの存在。院内のコミュニケーションをよくするためにも、誰とでも気持ちよく仕事ができる素直で協調性のある人と一緒に仕事をしたいですね。

最後に一つ。医療事務は病院経営に直結している重要な業務です。たとえば算定でチェックミスをすれば、そのまま病院の損失につながります。常にその自覚と責任感を持って仕事に当たっていただきたいと思います。



Home  ->  現場で求められる力    -> 1.前向きな「やる気」があれば、未経験者でも大丈夫!
小峰俊一さん (東京都 武蔵野赤十字病院 事務課 医事第二課課長)

日本医療事務協会 〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト7F
TEL:03-3349-6011 E-Mail:info@japanmc.jp



HOME | 日本医療事務協会とは | 医療事務検定試験とは | よくある質問 | 医療事務の仕事 | 現場で求められる力
合格者の声 | 協会概要 | プライバシーポリシー | お問い合わせ | 資料請求 | リンク集

Copyright (C) 2017 JMCA日本医療事務協会 All Rights Reserved